氷川丸☆

先日、セザンヌを見ようと横浜美術館へ行きました。
行ったことは行ったのですが…

…休館日だ~…ドゥフ…↓↓
ちゃんと調べれば良かった(>_<) という訳で強制的に予定変更を余儀なくされ。
中華街でごま団子と豚角煮まんとチャーシュー包を買って、山下公園を散策していると、いつもの姿でそこに佇む豪華客船。

…そういえば、氷川丸の中って入ったことないなぁ。

で、入ってみました☆
皆さん、入ったことあります?
めっちゃ面白かったです!!
日本郵船氷川丸、スゴい!!!

まず映像で氷川丸の歴史をお勉強します。
まだ船が海外渡航の唯一の手段であった頃から、豪華客船として人々の夢と希望を載せて太平洋を横断していた氷川丸。
タイタニックの教訓を活かし最新の技術で造られた、アールデコ様式の贅沢な客船です。

しかし戦争に突入すると、真っ白に塗装され赤十字が描かれます。
氷川丸は戦火をくぐり抜け、病院船として多くの命を救いました。
戦後は諸外国に残された日本兵を国へ送り届けたり、物資を運んだりとひたすら働き続ける時代を経て、その後やっと客船に戻ることができます。

船の寿命は普通約12年ほどだそうです。
その倍以上の年月を、休む暇なく航海し続けた氷川丸。
今は横浜で第二の人生を歩んでいます。

時代の波に飲み込まれながら氷川丸が辿ったその数奇な運命に、涙が出そうでした。

そしていよいよ船内見学☆
客室通路をずっ~と進むと(画像2)、その先は一等客エリア!
一等客室、一等食堂(画像3)、一等社交室、一等読書室、一等児童室、一等喫煙室、一等特別室…。
どんだけ贅沢なの~!?

屋外デッキに出て、いよいよ船長室と操舵室(画像3)へ。ドキドキ☆
かかかカッコいい~!テンションMAX★★★
そりゃ舵握っちゃうよね。

甲板のデッキチェアーで横浜の街を眺めながら寛いで、今度はギャレーと機関室(画像5)。
うお~こんなの映画でしか見たことないよ~!
スゴい、スゴい、何もかもが、デカい!!
これでこの巨大な船を動かしているのかぁ。

じっくり堪能し過ぎて、氷川丸を降りる頃には日が暮れていました。
めちゃめちゃ楽しかった!
時間があれば一日中いたかったです!

入館料はなんと200円。安っ。
横浜へお出かけの際はぜひ氷川丸に乗ってみて下さい。
オススメです◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA