棒高跳☆金メダル

マスターズ世界陸上も残り3日となりました。
本日は祖父の棒高跳の応援へ。

棒高跳の競技は、同じ高さで3回のチャンスが与えられ、低いバーからだんだん上げていきます。
棒を落とさずに3回以内で跳び越えられれば次の高さへ、跳べなければそこでアウト。

全て跳んでいくと体力を消耗してしまうので、自信のある高さはパスすることも出来ます。
徐々に体を慣らしていくか、狙う高さまで体力を温存しておくか。

特に祖父のような高齢になってくると、跳べば跳んだだけ疲れてしまうので、その辺の駆け引きも重要なのです。

祖父も最初のうちはパスして、途中で1回跳び、またパスしたり。

そしてまた金メダルを獲得することが出来ました!!
勝因はやはりパスの取り方にあったと本人談。
おめでとう~♪♪

銀メダルの方も日本人選手で、表彰台では金銀と日の丸が並びました☆
「君が代」って地味ですが、こういうところで聴くとやっぱりジンときますね。
日本人だな(^_^)

今日は他に10000mでも日本が金をとりました!
明日はどうなるかな☆

棒高跳☆金メダル” に対して1件のコメントがあります。

  1. 中田 より:

    金メダル獲得おめでとうございます。
    三段跳びに棒高跳び、かつて日本のお家芸と言われた種目で、くしくも故古橋廣野之進さんの思い出の地ヘルシンキで。
    私がお世話になっているトライアスロンのコーチは常々『大切なことは長く続けることです』と言われます。
    レベルは違いますが、私もおじい様を見習って、一年でも長く競技出来るように努めます。
    素晴らしいお手本をありがとうございます。

  2. かよこ より:

    >中田さま
    ありがとうございます!
    継続は力なり、どんな世界でも共通することですね。
    トライアスロンは様々な競技があって本当に大変だと思います。
    マスターズにないのが残念(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA