ヘルシンキ大聖堂☆

この夏のフィンランド&パリ旅行では、本当にたくさんの場所に行き、様々な空気を感じることができました。

そこで遅ればせながら、日々の日記では書ききれなかったスポットをご紹介していきたいと思います☆

まずはフィンランドから!
最終日に首都ヘルシンキを観光しました。

ヘルシンキ大聖堂。
街の中心にそびえ立つ、ヘルシンキのシンボルです。
カルル・エンゲル設計で、ルーテル派の本山となる教会。
真っ白で綺麗~♪

大聖堂の前に広がる元老院広場には、ロシア皇帝アレクサンドル2世の像が立っています。
フィンランドは100年間、ロシアの支配下にありました。
それでもその前に650年も続いたスウェーデン支配時代より、暮らしが楽になったことから、このロシア皇帝は愛されているのだとか。。。

1917年に独立を勝ちとったフィンランドですが、今も街の中には支配国の名残を感じさせる建物がたくさん残っています。

こちらはスウェーデン劇場です☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA