サン・ジェルマン・デ・プレ教会☆

パリお散歩旅日記その14。
サン・ジェルマン・デ・プレ教会でございます♪

古くからこの地区のシンボルとして、長い歴史を見渡してきたサン・ジェルマン・デ・プレ教会。
高く聳える鐘楼は、ロマネスク様式としてはパリ最古のものだそうです。

まず、壁画の古さに圧倒されました。
色褪せ、時代から取り残されているような…
けれど確実に、今なお生き続けている絵画たち。

教会を支える緑の柱がとても素敵で、印象的でした。

この界隈には有名な老舗のカフェがたくさんあります。
レ・ドゥ・マゴやカフェ・ドゥ・フロール、ラ・パレットなどなど。
こういった一流カフェのギャルソンになるには、見合った一流の知識や訓練が必要なのだとか。
その名誉あるギャルソンに最近一人の日本人が抜擢され、話題になっています。
日本のカフェバイトとは比べ物にならない地位ですね○

数限りない思想家や作家が集ったカフェ。
ルソー、ヴォルテール、ロベスピエール、若き日のナポレオン、ユーゴー、そして実在主義者のサルトルたち。
新聞が一般に読まれなかったフランス革命当時、この椅子で、どんな議論が交わされていたのかなぁ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA