忍びの者☆

すっかり時代劇にハマっている今日この頃。
『暴れん坊将軍』なども初めて真面目に見ていますが、面白いですね~☆

今日は映画『忍びの者』を観ました。
村山知義さん原作の小説を、山本薩夫監督で映画化したシリーズの第一段。
稀代の大泥棒として知られる石川五右衛門を、伊賀忍者として描いた傑作時代劇です。

舞台は織田信長天下統一目前の戦国末期。
信長の首をとろうと動く忍びの物語。

いや~忍びってすごいですね。
「掟」を絶対視するストイックなイメージは前からありましたが、半端じゃない。
死ぬ時は身元を明かさないよう、自分で顔を削ぐんですよ~(>_<) 忍び独特の走り方が印象的でした。
腰が決まっているんだろうなぁ。
上半身は動かさず、ササササーっと。
早っ!!

石川五右衛門役は市川雷蔵さん。
かっこいい♪

百地三太夫役と藤林長門守役の二役を演じた伊藤雄之助さんが、ただ者ではない雰囲気を出しまくりでした。
二つの砦の長を同一人物が治め、互いに競わせ技を磨くという忍びの極意。
化ける場面がなかったら、本当に同一人物とは思えないほど見事な変わりっぷりでした☆

そして岸田今日子さんも、ものすごいインパクトでした~○

さて今日のお稽古は口上…
をやっている間に、泥棒たちで作戦会議…
をしたのはいいものの、ちっとも作戦通りに動けず自己嫌悪↓

大技の練習で変な落ち方をして、体があちこち痛いです(ToT)
忍びのようにはいかないな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA