続々・シベールアリーナ☆

すっかりお気に入りのシベールファクトリーパーク(笑)

シベールアリーナの隣には、「遅筆堂文庫」という図書館があります。
井上ひさしさんの蔵書を集めた可愛い図書館です。

「遅筆堂文庫」って面白い名前ですよね○
井上ひさしさんは台本を書くのが遅くて、ひどい時には公演初日の前日に仕上がったなんて話を聞いたことがあります(^w^)
役者にとっては恐ろしいわ~☆

図書館には難しい本だけでなく絵本や漫画もたくさんあって、懐かしい本を発見してはウキウキと開きました。
「エルマーとりゅう」シリーズを見つけた時は、久々の再会が嬉しくて♪
思いがけず素敵な時間が過ごせました○

「ひょっこりひょうたん島」の絵や写真もたくさん飾られていました。
ドン・ガバチョ~!!

来年には井上ひさしさんの仕事場を再現する「井上ひさし未来館」がオープンするそうです。
遅筆堂文庫の蔵書も、現在の3万冊から6万冊に増えるのだとか。
また来たいなぁ☆

さて『母さん』カンパニー一行は名残惜しくもシベールアリーナを後にして、バスで3時間。
今度は岩手県北上市にやって参りました!

いよいよ明日が東北公演の千秋楽です。
悔いなく、お届けできますように○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA