恐竜博2011☆

知っている人はよく知っていると思いますが…
実は私、恐竜が大好きです。
恐竜の話になると俄然テンションが上がる、恐竜マニアです☆

そんな訳で私には絶対見逃せない、国立科学博物館の「恐竜博2011」に行って参りました!
これは期間限定の特別展ですが、国立科学博物館の常設展もかなり見応えがあるのでオススメです。
地球館の地下には恐竜フロアがあり、私は一度入るとなかなか出られません。
恐竜好き必見〇
国立科学博物館については以前ブログでも熱く語ったことがありますが、じっくり回ると1日ではとても見きれないので、2回行けば元がとれる年間パスポートをぜひご利用下さい(笑)
って別に回し者ではないんですけど(^_^;)

さて今回は恐竜博でございます!
最新の研究で明らかになった、ティラノサウルスの謎に迫ります!!

しかして、これから行かれる方々も大勢いらっしゃるでしょうから、ここはグッとこらえて書かずにおきます。
どうぞご自身で体感していらして下さいm(_ _)m

ちょこっとだけご紹介(^o^)v
まずはジュラ紀のアロサウルス☆
恐竜の大型化と多様化が進んだ時代、アロサウルスは獲物をとるために協力な顎と逞しい後ろ足を進化させました↓

こちらは始祖鳥です。
空へ進出を果たした最古の鳥類、アーケオプテリクス↓

やって来ました白亜紀、出た~トリケラトプス↓

そして遂に、恐竜界の2大スターが夢の共演です!!
ティラノサウルス VS トリケラトプス↓

かかかカッコイイ!デカイ!!
ティラノとトリケラトプスの熱い闘いは、本当に大迫力でした〇

いや~恐竜時代には、無性に浪漫を感じます。
何故だろう??
昔はプロントサウルスやステゴザウルスなどが好きだったのでが、今は断然、肉食恐竜派です。
ティラノ最高☆

最後にこちらは常設展にある、フタバスズキリュウ↓

日本で発見された化石です。
すごいわぁ(≧ω≦)

そうそう、前々から恐竜図鑑を探しているのですが、未だ私好みの図鑑に出逢えず…
何だか今の図鑑って、テーマを絞りすぎている印象があります。
各恐竜の特徴や、生態系が移り変わっていく歴史などについて詳しく描かれているものがないかなぁと探しております。
オススメの恐竜図鑑をご存知の方は、ぜひご一報頂けたら嬉しいです〇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA