竜ヶ岩洞・前編☆

浜松ツアー後記その1。
遅ればせながら、浜松で巡った思い出の場所をご紹介していきたいと思います。

まずは大興奮した鍾乳洞「竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)」です!

浜松駅からバスに揺られて約一時間。
山とみかん畑ばかりの、のどかな風景の中に降り立ちました。
う~ん清々しくて気持ちいい♪

朝の公演が終わった後すぐ出発した私たちはお腹が空いていたので、遅い昼食をとることに。
この辺りは山芋が名産とのことで、冷たいとろろそばを食べました。
これがものすごく美味しかった!!
お店のおばちゃんがサービスでつけてくれたデザート・お茶の寒天もデラうまでした〇

そしていよいよ鍾乳洞へ。
竜ヶ岩洞は、なんと二億五千万年もかけて今なお成長を続けている、東海地方最大規模の鍾乳洞なのです。

この日は日差しが強く暑かったのに、洞内に入ると途端にヒンヤリ。
鍾乳洞の中は年間を通して18度と平均しているんですって。

竜ヶ岩洞を形成しているのは、結晶質石灰岩。
海生動物の殻からなる石灰岩は炭酸を含む地下水に溶けやすいため、この石灰岩層を流れる水が岩を容蝕し、洞窟を形成しているのだとか。
洞窟の天井から滴り落ちる水が空気に触れた時、水分が蒸発して炭酸カルシウムが残り、天井にはつらら石、床には石筍をつくりあげていくのだそうです。

鍾乳石の成長は、100年で1センチ!
この不思議で美しい景色が自然の力で築き上げられたものだなんて、本当にすごい(☆o☆)
テンションMAXな、はなちゃんとジョン。

後編へつづく〇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA