オリビアを聴きながら☆

扉座・RAYNETプロデュース公演『オリビアを聴きながら』を観に行きました。


尾崎亜美さんの名曲を紡いだ音楽劇。

大人のラブストーリーかと思いきや、社会と闘う男たちの熱い物語でした。
チラシに「前代未聞の中年男子、オッサンたちのための尾崎ワールド」とありますが、まさしくその通り!
サラリーマンのやるせない心の叫びが、胸に突き刺さりました☆

スタイリッシュな部分とコテコテな部分が上手く共存していて、古い時代のダサさも取り入れつつとてもお洒落な舞台でした。
円形劇場をレコードに見立てた装置も綺麗だった~♪

また尾崎亜美さんの楽曲が、まるでこの作品のために作られたみたいに物語とマッチしていました。
歌詞だってそのままなのに、すごい!

主人公を演じるのは三木眞一郎さん。
声優としてあぁ~んな声やこぉ~んな声で活躍されている三木さんをこんなに間近で見られるなんて、それだけでテンションUP↑↑↑
声はもちろんのこと、ご本人はもっともっと素敵な方でした(*≧∀≦*)

そんな主人公を支える親友役の、舘形比呂一さんと柳瀬大輔さんがまたいい味を出していらっしゃいました。

そして元Stepsの先輩、柳瀬亮輔さんも様々な役で次々と登場し活躍されていましたよ☆

突然お伺いしてしまったけれど、本当に観れて良かった。
素晴らしい作品でした!

画像は『オリビアを聴きながら』の歌唱指導をつとめる黒瀬千鶴子ちゃんと、開演前の腹ごしらえ~〇


ちなみに上演中は私の隣に演出家の横内謙介さんが座っていらして、何だか妙に緊張しながらの観劇となりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA