三人でシェイクスピア☆

本日も観劇してきました。
またかぃっ☆

最近のブログでは観劇しかしていないような毎日ですが…
いえいえお稽古しておりますよ!
今日も朝からレッスン→『組曲楽園』の芝居稽古→観劇でございましたョ〇

さてさて本日の観劇は、劇団鳥獣戯画『三人でシェイクスピア』。
なんとシェイクスピア全37作品を、たった三人の役者が90分間で上演する、というトンデモナイ舞台でした!


悲劇「ロミオとジュリエット」から始まり、

「マクベス」
「タイタス・アンドロニカス」
「オセロ」
「リア王」
「ジュリアス・シーザー」
「トロイラスとクレシダ」
「アントニーとクレオパトラ」
「コリオレーナス」
「アテネのタイモン」

喜劇シリーズ
「間違いの喜劇」
「じゃじゃ馬ならし」
「ヴェローナの二紳士」
「恋の骨折り損」
「夏の夜の夢」
「ヴェニスの商人」
「から騒ぎ」
「お気に召すまま」
「十二夜」
「ウィンザーの陽気な女房たち」
「尺には尺を」
「ペンクリーズ」
「シンベリン」
「冬物語」
「テンペスト」
「終わりよければすべてよし」

史劇シリーズ
「ヘンリー四世 第一・二部」
「ヘンリー五世」
「ヘンリー六世 第一・二・三部」
「ヘンリー八世」
「リチャード二世」
「リチャード三世」
「ジョン王」

そして最後に「ハムレット」。

観た~!
観ました~!!

どれも独特のアレンジが施されていて、笑い転げながら全作品ダイジェストで駆け抜けました。

パロディーし過ぎて、もはや原形をとどめていない作品や、ほんの一言でスルーされた作品もありましたけど(笑)

スゴすぎます。
何だコレ?!
お客様も巻き込んで、怒濤のステージでした。

シェイクスピア作品を知らなくても楽しめますが、知れば知るほど面白いと思います。
むしろコレが本物と思われたら大変かも?!


今日は飛び飛びロングラン満10周年の記念公演。
10年て…これまたスゴいですね〇

これからも続けていくそうですので、機会がありましたら是非体験してみて下さい(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA