ドン・ジュアン☆

劇団山の手事情社『ドン・ジュアン』を観に行きました。
大学同期の植田麻里絵ちゃんが出演しています。

大学の卒業公演でお世話になりました、山の手事情社の演出家・安田雅弘さん。
学生時代にこういった前衛演劇を勉強できたことは、本当に幸せでした。

また『ドン・ジュアン』は私にとってとても身近な作品です。
Steps Musical『ヴェローナ物語』の主人公がドン・ジュアンですからね☆

モリエールの喜劇『ドン・ジュアン』を山の手事情社が手掛けるとどんな舞台になるのか、楽しみに劇場へ向かいました♪

すすす素晴らしかったです!!

「四畳半」と「ルパム」という山の手独特の演技様式を駆使して表現される世界観。
そのパワフルでストイックなお芝居に、いつも圧倒されます。

装置も衣装もお洒落で素敵♪
最前列からかぶりつきで堪能できて、大満足でございました○

しかもドン・ジュアン役が、浦弘毅さんだ~!
卒公でお芝居を教わり、またSteps Musical『組曲楽園』では舞台スタッフとして支えて頂きました。
ヤバいです、ドン・ジュアンかっこいい~(*≧∀≦*)

そして麻里絵は相変わらず綺麗で、ルパムが美しすぎ。

舞台監督は、Stepsの袖に欠かせない本弘さん。
音響には同期の大西香織ちゃん。

千秋楽まで頑張って下さい!!

東京芸術劇場シアターウエストにて、1/30(木)までです。
山の手事情社、人生で1度は絶対に観るべきです☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA