ドリーム深谷公演☆

新生ふるきゃらミュージカル『ドリーム工場~東北のプレタポルテ~』
埼玉県深谷での公演が無事に終演致しました。
パンフレットが足りなくなるほど沢山のお客様にご来場頂きました。
本当にありがとうございました!

2月14日の大雪で大きな被害を受けた深谷市。
野菜や花の生産が盛んな深谷市では、ビニールハウスや温室など多くの農業施設が雪に潰され、その被害総額は229億円にのぼるそうです。

今回の公演の主催である2525企画の皆さまは全員、農業に携わっている方々です。
東北に義援金を送ろうとしていたところ、自分たちが雪害の被災者となり、生活の目処が立たなくなってしまった方々が大勢いらっしゃいます。

一時は公演を中止にしようという案も出た中、「今止めても何も変わらない」「ミュージカルを観て元気を出そう」と上演に踏み切って下さった皆さまの勇気に、心から感謝申し上げます。

劇場に向かうバスの中から、ペチャンコになったビニールハウスを沢山見かけ、その被害を思い知らされました。

また開演前の主催者さんのご挨拶、市長さんのご挨拶では、明日も見えない現実から、それでも何とか前を向いて生きていこうという熱い想いが痛いほどに伝わってきました。
東日本大震災に比べ、自分たちは命までは奪われていないのだから、と。

板付きで舞台上にスタンバイしていた私は、緞帳の後ろ側からその悲痛の叫びを聞いていて、胸が締め付けられる想いでした。

そんな中で始まった公演は、やはり特別なものになったと思います。
1つ1つの場面、1つ1つの台詞を真剣に受け止めて下さり、舞台上と客席とが一緒にこの物語を生きている感覚がありました。
お客様に作品を育てて頂きました。

そして終演後の素晴らしい笑顔。
送り出しでお客様お一人お一人と握手を交わしながら、本当に涙が出そうでした。

『ドリーム工場』は、東日本大震災からの復興の物語です。
東北の震災と、深谷の雪害、重なる部分が多々あったというお声をたくさん聞きました。
この時期にこの作品を上演させて頂けたこと、その巡り合わせに運命すら感じてしまうような夜でした。

自分にできることは微力で、しかもまだまだ模索中の今、課題はたくさんたくさん残しています。
それでも何かお届けできたなら、こんなに嬉しいことはありません。
もっともっと頑張らなきゃな☆

そうそう、本番の日はいつも客席の写真を撮るのですが、今日はバスの中に携帯を忘れてしまうという失態(>_<)
という訳でドラムの二宮さんのFBから緞帳写真を拝借致しました!
二宮さん、勝手にすみません!
素敵な緞帳です♪

お土産に、主催の皆さまが育てた深谷ネギやトマト、苺、水菜などを頂いてしまいました(*≧∀≦*)
心して頂戴致します!
野菜を抱えて帰る本番ってちょっと面白いです。
バッグから立派なネギ出てるし(笑)

被害を受けてしまった深谷の農作物が、また出荷できるようになる日が来ることを、心より願っております。

日帰りで乗り打ちバラシという怒涛の一日でしたが、かけがえのない一日となりました。
本当に本当に、ありがとうございました!!

そしてそんな中で初日を迎えたミケちゃんとはるかちゃん、お疲れ様でした。
初日おめでとう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA