桜の通り抜け☆

大阪でのオフは、丸一日かけて思いっきり遊びました

造幣局の「桜の通り抜け」、ご存知ですか
全国でもとても有名な桜の名所なのだとか。
一週間しか見られないこのお祭りがちょうど期間中で、しかもホテルから歩いてすぐ。
行くしかないでしょ

すーっごく綺麗でした
造幣局南門(天満橋)から北門(桜宮橋)まで、約560m続く桜並木は圧巻

一番驚いたのは、桜の種類の多さ。
なんと131種もの桜を一度に見ることができるんですよ
一口に桜といっても、こんなに様々な種類があり、それぞれ個性的で、そして歴史があるんだなぁと初めて知りました

こちらは「楊貴妃」という桜です。
名前もそれぞれに素敵でした

そんな多種多様な桜が、350本。
行けども行けども桜の木、すごすぎる~

桜とワタシ

満開

花弁がいっぱいあるなぁ。
勇矢カメラマン、素敵な写真をありがとう

人混みもすごかった(笑)
一週間の入場者数は、累計836,420人だそうです。

桜に負けないくらい、屋台もズラリと並び賑わっていました。
昼間からビールで乾杯、サイコ~
トロトロの牛すじ煮込みと、大阪で初めて見た「はしまき」なるものを食べました。

これほど見応えのある桜並木は初めて。
ちょうどいいタイミングで見ることができて、本当に良かったです。

大・満・足でした

~海遊館につづく~

桜の通り抜け☆” に対して1件のコメントがあります。

  1. sak より:

    勇矢さん、確かに写真うまいです。 
    佳代さんも上手ですが、今日の桜の写真は、(いつもの佳代さんの写真とは違うぞ、いつの間にこんなに腕を上げた?)と思ったら、勇矢さんだったのですね。納得しました。

  2. かよこ より:

    >sakさま
    はい、私にはこんな素敵な機材も腕もございません(笑)
    大阪城の記事も、勇矢の写真を借りてUPし直しましたので、宜しければご覧下さい♪
    まだまだ旅路を綴りまーす☆

  3. sak より:

    勇矢さんと言えば、思い出したことがひとつ。
    ずいぶん昔、勇矢さんプロデュースの芝居を見に行きましたっけ。西荻窪の小さなお店だったと思います。出演者は、勇矢さんとみけちゃんと、もう一人小柄な女の子でした。 
    芝居の中身は忘れたけど(笑)、フライヤーの写真が勇矢さんの写真でしたね。モノクロの、荒涼とした風景でした。(この人、写真学科卒業なのかな?)(若いのになんでこんな枯れた写真撮るんだろう?)って芝居よりそっちを覚えているくらいキョーレツな印象が残っています。
    勇矢さんによろしくね。
    桜の通り抜けと海遊館、一緒に行ったかわいい女の子の写真も載せてほしいわん。

  4. かよこ より:

    >sakさま
    西荻窪の奇聞屋ですね。
    私も行きました!
    勇矢が企画しているSOLITUDEというライブは、更なる進化を遂げて続いています。
    今でもライブのチラシに自身の写真を使うことがあり、とても素敵ですよ。
    ちなみに勇矢は写真科ではなく、私と同じ桐朋学園演劇科の卒業生です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA