一本足の鳥居☆

浦上の住宅街の中にひっそりと佇む、山王神社をお参りしました。

原爆の爆風で片方の柱ををもぎ取られながらも、一本足で立ち続ける鳥居です。
すごいなぁ。。。

山王神社の境内入口にそびえる、二本の被爆クスノキ。
福山雅治さんの「クスノキ」は、この木を歌った曲だそうです。

樹齢500年の大木ですが、原爆の熱線で枯れ木同然となりました。
それでも爆心地の反対側から新芽が吹き出し、樹勢を繰り返して枝葉を茂らせてきたのだとか。
この大楠の幹の中からは、爆風で飛んできた石がたくさん出てきたんですって。

趣きのある小さな鳥居。

凛々しい狛犬さん。

さて、ホテルの近くにとってもお洒落なカフェを発見

調度品も一つ一つ拘りがあって、レトロで落ち着いた雰囲気の素敵なカフェ
なのにビックリ、マスターは日焼けしまくり超マッチョ
ギャップがたまりません(笑)

ケーキセット、美味しすぎる~~~
ホットコーヒーは一杯ずつ丁寧に落としてくれて、しかも金粉が浮いてましたヨ

公園でブランコに乗ってみた

にゃ~

たった一つの原子爆弾で、何もかもがなくなってしまった街。
自分も含め戦争を知らない世代に、ずっとずっと語り継いでいって欲しいです。

~軍艦島につづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA