にごりえ☆

山の手事情社 若手公演『にごりえ』を観に行きました。
大学時代の同期、植田麻里絵ちゃんが出演しています。

山の手事情社といえば、四畳半やルパムといった独自の演劇様式を確立している前衛芸術の劇団。

でも今回は、山の手メソッドと現代劇の二重構造になっていました。
物語も、樋口一葉の『にごりえ』と現代劇が絡み合う、とても興味深い構成。

面白かったです!
こんな山の手事情社、初めて見ました☆

若手公演といっても皆さんよ~く訓練されていて、そのレベルの高さにビックリ。
それでもなかなか本公演には出演できないなんて、厳しいなぁ。
だからこそ山の手のクオリティなんですよね、すごい○

麻里絵は相変わらず美しかった~♪
昔から舞台上での立ち居振舞いがとても綺麗な麻里絵ですが、若手の中ではさすがの貫禄。

そして音響席にも同期が!
オペレーターの大西香織ちゃんと、も・の・す・ご・く久しぶりに再会できました。
変わってな~い(*≧∀≦*)

こうして同期が頑張っている姿を見ると、元気を貰えます。
ありがとう、本当にお疲れ様でした!

8月頭には私もこの同じ劇場、日暮里d-倉庫で本番です。
待ってろよ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA