橋を渡る☆

音楽劇『橋を渡る』を観に行ってきました☆

せんがわ劇場にて、仙川の街を舞台にしたミュージカル。
仙川に今も残る“橋”と“桜”を通して、過去と現代を繋ぐ優しい物語でした。

仙川は私にとって、大学時代を過ごした思い出深い街です。
当時はまだ今ほど便利な街ではなくて、商店街しかありませんでした。
電車も各駅しか止まらなかったし。

在学中にどんどん開発が進んで、桜の伐採計画が持ち上がったことを覚えています。
今回の舞台と重ね合わせながら、あの頃に想いを馳せました。

帰り道、ついつい桜と橋を見ちゃいますよね(笑)

劇場ではお世話になっている方々にたくさんお会いできました♪

演出の横山由和さんをはじめ、
原作の七海凪さん、企画・監修の末永明彦さん。
そして桐朋研究室の安延洋美さん。
ご無沙汰しております~☆

客席では座ってビックリ、お隣が作家の堀江安夫さんではありませんか!
また俳優の松岡由眞さんに、後輩の秋本晋作くんと日下部友香ちゃん。

思いがけない再会でとても嬉かったです(*≧∀≦*)

それにしても…
久しぶりに自転車で仙川まで出掛けたら、太ももがパンパン=3
学生時代は楽々とチャリ通してたのにな。
こんなところでも時の流れを感じたのでした、チャンチャン○

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA