四季の萬会

久しぶりに落語を聞きに行きました。
三遊亭萬橘さんの定期独演会「四季の萬会」浅草見番にて。

萬橘(まんきつ)さんの落語を拝見するのは3度目かな。
今回も面白かったです!
本編に入る前の枕からして好き。
そして淀みなく本編に入る瞬間が好き

例えばライブだと、「それではお聴きください」とかタイトル紹介があって、前奏で気持ちをつくってから歌い始めますけど。
落語はその間仕切りが一切ないんですよ!
流れるように本編へ入っていくのが、たまらんです。

噺家さんは本当にすごい。
役者として、とても勉強になります。

そして時代に洗われて残った古典落語が、面白くない訳ない。
代々受け継がれてきた物語を、プロの噺家さんが披露するんですから、そりゃあ、もう。
落語を取り入れたお芝居とか、いつかやってみたいなぁ。

ゲストの三遊亭白鳥さんは、浅草を舞台にした新作で笑わせてくださいました。
しかしこの皇室ネタは大丈夫なのか…
いや、だからこそめっちゃ面白いんですけど!!

古典落語と新作を楽しめて贅沢な萬会でした

浅草散策して(またか)、あんみつ
あんこに黒蜜をかけるって、甘×甘で最強ね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA