ノートルダム

今日はポンピドゥーからスタート。
ポンピドゥー・センターで開催中のセザール展を見ようと出かけましたが、長い行列とあまりの寒さに断念
とりあえずセザールの親指だけ写真撮りました。でかっ

すぐ近くのサン・メリ教会へ。
パリを南北に横切る古代ローマ街道(現サン・マルタン街)と東西の道路の交差点に位置しています。

建築は15世紀ゴシック様式、パリで最も古い鐘楼があり、古式に則った祭式を今でも残している教会です。
正面の窓は、13世紀初頭に造営された当時のもの。

中に入ると、ちょうどミサが終わったところで賑わっていました。

シャセリオ作「エジプトの聖マリア」は修復中。
上から順に、娼婦から聖人となったマリアの生涯が描かれています。

裏手に回ると、現代アートと古い教会との対比が面白い

大きなパリ市庁舎。
冬になると市庁舎前の広場にスケートリンクが出来るのですが、今年はないみたい。

15世紀の民家を発見

セーヌ川は未だ増水中
洪水の警戒態勢が続いています。

シテ島に渡り、大好きなノートルダム大聖堂へやって来ました
昔、一番上の回廊まで螺旋階段を登ったなぁ。

本日の目的は、ノートルダムで日曜のミサに参加すること
キリスト教徒ではないけれど、快く迎え入れてくれます。

北の薔薇窓と、蝋燭に明かりをを灯す司祭様。

パイプオルガンの荘厳な音色と聖歌が響き渡ります。

ミサが終わり外に出ると、すっかり暗くなっていました。
夜のノートルダムも美しい

ん?あのトリコロールは…

警視庁が鮮やかにライトアップされてるー
日本の警察では考えられないかも(笑)

セーヌ河畔から眺めるシテ島~エッフェル塔、美しすぎる

シャンジュ橋のNは、ナポレオンのN。

夜のパリを満喫したら、メトロで帰ります。
ポン・ヌフ駅のホームは、造幣局(貨幣博物館)に因んだデザインになっていたよ。

いつも綺麗なオペラ座

オペラ駅にポール(パン屋さん)が入っているので便利です。うまし

今日もよく歩きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA