ロマン派美術館

今回のパリ旅でまず最初に訪れたのは、ロマン派美術館 Musée de la Vie Romantique
朝の散策にと、ホテルから歩いて出掛けました

この美術館は、9区のヌーヴェル・アテネ(19世紀の作家たちが足しげく通った文学カフェにちなむ名前)という地区にあり、当時の典型的な美しい建物が立ち並ぶ界隈です。
ひそやかな小路を入ると…

シェフェール=ルナン館と呼ばれる本館、なんて可愛いの
画家のアリ・シェフェールが、1830年に亡くなるまで住まいとしていました。

ドラクロワやジョルジュ・サンド、ショパンといった、それこそ19世紀パリ中の知識人と芸術家がこの館に集い、今もなおロマン派の雰囲気が色濃く残されています。

ジョルジュ・サンドの手と、彼女が書いた手紙。

実はショパンの手を楽しみにしていたのですが、今はプティ・パレにて展示中とのこと。

小さなピアノ。

螺旋階段も素敵です

かつての温室が活かされたサロン。
あんまり美しいので、お茶していこうっと

花々に彩られたロマンティックな庭園で過ごす、至福のひととき
スコーンとミントティーをいただきましたん。

薔薇はもう終わりかけでしたが、春にはそれはそれは見事なんだろうなぁ

パリにも紫陽花が咲いてます。

お天気のいい日に是非オススメの美術館、見つけちゃいました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA