音楽の日

1年で一番お昼が長い夏至の日、 6月21日は “音楽の日”です。
1982年にフランスで始まったこの文化事業は、今では世界120ヶ国に広まり親しまれています。
ちなみに120ヶ国には日本も入っていますが、細々とコンサートが開催されるくらいであまり実感ないですよね。

フランスでは国を挙げて超盛り上がります
フランス語でFête de la musique(フェット・ドゥ・ラ・ミュジーク)、音楽のお祭りという意味です。

その名の通り、プロもアマも年齢もジャンルも問わず、みんなで音楽を楽しむ日。
美術館や教会はもちろん、道路、公園、レストランやバー、あらゆる場所で色んな演奏会が催され、その全てが無料なのです◯

ロックもクラシックもポップもエキゾチックなのも何でもあって、あちこちに人だかり。
ミュージシャンの演奏もあれば、DJがガンガンまわしているのもあり、シンガーや、オーケストラまで。
とにかく街を歩けば音楽にあたる、そんな感じです。

私も素敵な音楽に出逢うべく、いそいそと街へ繰り出しました。
だって今回のパリ旅はこの日に合わせて来たからね。

ホテルのあるカデ通りではDJの爆音がめちゃ盛り上がっていて、既にみんなビール片手に路上で踊り狂ってる~!
混みあい過ぎて写真撮れませんでした

カフェの店先で演奏するバンドマン。
こんな衣装、日本人なら相当なイケメンじゃなきゃ着こなせませんが、フランス人だとただのオジサンでもカッコいい

シャンソンシンガーさん、めちゃ上手い!

証券取引所の前が、即席DJブースに

オペラ座前を通ると、ちょうどブラスバンドの演奏が始まるところでした。

アマチュア団体なので正直そんなに迫力ないけど、こんな良い場所で演奏できるなんて音楽の日だからこそですね。

マドレーヌ寺院は静かでした。

いやいつも静かで厳かな教会なんですけどね。

明日はヴィバルディのコンサートがあるらしい

お散歩ついでにパサージュへ入ってみる

カフェのテーブルとか椅子とか、いちいち可愛いよね。

22:00を過ぎてもまだ明るいパリの街。
カデ通りへ戻るとさっきより盛り上がっていて、結果ここが一番のお祭り騒ぎという(笑)

今夜は一晩中、音楽が続きます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA