恐竜博2019

上野の国立科学博物館「恐竜博2019」に行って参りました!
今まではのんちんと二人で恐竜展を巡って来たけれど、今回はちかたんと花林ちゃんも巻き込んでゴブリン女子会

※ネタバレ満載のブログですので、ご了承の上、先にお進みください

まずは恐竜ルネサンスZONEから。
「恐ろしい爪」を意味するディノニクス。
鋭い鉤爪を持つ肉食恐竜は、“鳥類の恐竜起源説”のきっかけとなりました。

子育てを頑張るマイアサウラ、可愛い
オスが抱卵する恐竜もいたとか。

今回の目玉デイノケイルスは、前足の長さだけでなんと2.4m!

これまで前足しか見つかっておらず謎の恐竜とされてきましたが、近年発掘された頭骨や後足など貴重な実物化石を見ることができました。
全長11mの全身復元骨格は世界初公開です

デイノケイルスと対決していた“アジアのティラノ”ことタルボサウルス。

そして日本の恐竜の世界へ
北海道勇払郡むかわ町で発見された“むかわ竜”は、全身の約80%が残る前代未聞の恐竜です。

4Kシアターで観た、むかわ竜と同じ時代に生きた恐竜たちの映像は迫力満点でした!
日本にも色んな恐竜たちが暮らしていたんだなぁ。

最後は恐竜絶滅の境界線。
白亜紀最末期の巨大肉食恐竜、みんな大好きティラノサウルス

実物の化石が多く展示されていて、満足の恐竜博でした。
楽しかった~

ついでに常設展も覗きました

地球館の地下1階は外せません
トリケラトプスと~

お座りティラノ

花林ちゃんは虫に夢中。

今は使われていない「博物館動物園駅」を見に行きました。
レトロで素敵

歩き疲れて居酒屋でご飯して、ショッピングして、二軒目~

上野駅のパンダも、デイノケイルス仕様

遊んだ~!!
楽しい一日でございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA