千秋楽

お茶の間ゴブリン エンタメ企画
『読んだり見たり話したり』

お陰さまで無事に千秋楽を迎えました。
このような状況下、またお足元の悪い中、ご来場くださいました皆さま、本当にありがとうございました!!

 

 

朗読劇「シンデレラ異聞」リザードチームの配役は以下の通りでした。

《初日》
シンデレラ・・・平野史子
アナスタシア・・岡村佳代子
ドリゼラ・・・・升望
シャルル・・・・早川紗代

《千秋楽》
シンデレラ・・・升望
アナスタシア・・岡村佳代子
ドリゼラ・・・・早川紗代
シャルル・・・・平野史子

 

 

上演直前にくじ引きで配役を決めるという試みは本当にドキドキでしたが、それ以上に楽しかったです。
パンプキンチームも含め皆のことを信じているから不安はなかったし、緊張よりもワクワクのほうが大きかった。
お客様にもお楽しみいただけたようで嬉しい限りです。

私は4公演中、まさかの3回アナスタシアで、何だかこの役にとても愛着がわきました。
チビなので本公演ではまわってこないであろう長女役を、朗読劇だからこそ演じられて良かったです。
稽古ではシャルルばっかり当たっていたのにな(笑)

 

 

 

千秋楽当日は我らが升望のお誕生日!!
のんちん、おめでとう~♪♪♪

 

 

 

東京に自粛要請が出され、日々感染者数が増える中、ご来場くださいました皆さまには感謝しかありません。
これでもかと厳重な感染対策をしていたつもりですが、それでもいつ中止になってもおかしくない状況でした。
何とか千秋楽を迎えられたことに今はただただホッとしています。

そしてやっぱり劇場が、生の舞台が好きなのだと改めて痛感した公演でした。
信頼している仲間たちと劇場で過ごす時間は、私の宝物。本当に幸せな毎日でした。

大好きなキャストのみんな、頼もしいスタッフの皆さま、気にかけてくださった全ての方々、そして足をお運びくださいましたお客様方に、心より感謝申し上げます。

 

次に本公演を開催できるのはいつになるか分かりませんが、絶対にまた面白い舞台を作ります。
どうか今後ともお茶の間ゴブリンを宜しくお願い申し上げます。

本当に本当に、ありがとうございました!!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA