楽屋☆

アクトリセス公演『楽屋』を観に行きました。

今年の初めに明治座6期生=ロッキーズの皆さんが、Steps作品『モダンガールズ』を公演しました。
そのご縁で、ロッキーズの方が何名か出演するこの舞台にお誘い頂きました♪

清水邦夫さんの名作『楽屋』。
ご存知チェーホフの作品を用いた、4人の女優の物語です。

面白かった~!
舞台に、女優という仕事に、全てを捧げる生き方。
そして死してなお…。

チェーホフの『かもめ』や『三人姉妹』を読み返したくなりました。
落ち着いたらまた読もうっと☆

私は…かもめ。

いいえ、そうじゃない。

私は―――女優。

楽屋☆” に対して1件のコメントがあります。

  1. sak より:

    お元気ですか?ちゃんとこのブログ、見てますよ。
    「かもめ」、私には難しいです。私は勝手に、マーシャって実はドールンとポリーナの娘だと思ってるんですけどね。
    「私は--女優」っていい感じです。マイケルベネットの「コーラスライン」を思い出しました。 

  2. かよこ より:

    >sakさま
    ご無沙汰しております!
    お元気ですか?
    チェーホフは確かにとっつきにくいですよね。
    初めは読むのが大変でした(汗)
    シャムラーエフの妻ポリーナと、医師のドールン!
    の娘がマーシャ!
    ほほぅ、あり得る…
    もう内容を忘れてしまったので、読み返してじっくり考えてみますね☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA