ドリーム郡山公演☆

新生ふるきゃら『ドリーム工場~東北のプレタポルテ~』
福島郡山での2ステージが終演致しました。

郡山だけでなく、南相馬など沿岸部を含めた多くの市町村から、たくさんのお客様がご来場下さいました。
特別な想いがあった公演だけに、終演後のお客様の輝く笑顔に胸がいっぱいになりました。
本当にありがとうございました!!

被災地で、震災の作品を上演する。
とにかく真摯に向き合うことしかできません。

この作品は岩手を舞台にしていますが、福島では原発という大きな大きな被害を受けて、他県とはまた違う苦しみがあるのだと思います。
そんな中でも、同じ東北としてこの物語を受け止めて下さったこと、心から感謝申し上げます。

1日目の終演後には、お客様方との交流会が開催されました。
応援団の方々をはじめ、福島の皆さまの生の声を伺うことができ、貴重な時間を過ごさせて頂きました。
福島の現状、震災から3年間の気持ちの変化、今も続く仮設住宅での生活、風評被害、放射能との付き合い方…

東京で暮らしていると日々薄れていく東日本大震災の傷跡。
でも復興は、まだまだこれからです。

私にできることは少ないけれど、こうして舞台を通して、少しでも何か皆さまの心に響くものをお届けできますように…
未熟な自分がもどかしいですが、一歩ずつ、これからも精一杯精進して参ります。

そしてお客様から思いがけないプレゼントが!
昨年の須賀川公演の際の写真を頂きました。
須賀川でこの作品を観て、今回郡山にまたご来場下さった方も多く嬉しかったです♪
ありがとうございます(*≧∀≦*)

須賀川の終演後、ロビーにて。

おばあちゃん役のカナさんと○

2日間の公演を終えて、まっさらになったステージ☆

東北の皆さまが全員、仮設ではない家でご家族と共に暮らせるようになる時が、1日も早く訪れますように。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA