登山日記15☆鷹取山~前編~

梅雨の晴れ間を狙って1DAYハイク

三浦丘陵の山の一つである、鷹取山へ登りました!
横須賀市と逗子市の間に位置する鷹取山は「湘南妙義」の別名もあるのだとか。

神武寺駅から鷹取山登山口まで歩き、山道に入ると早速アジサイが迎えてくれました

沢沿いなのでマイナスイオンたっぷりでとっても涼しい
さっきまでの街の暑さが嘘のようです。

かながわの美林50選「神武寺の森」、綺麗~

山門をくぐると、神武寺の広場に出ます。

逗子八景の一「神武寺の晩鐘」です。
時鐘なので、勝手につかないよう注意書きが(笑)

神武寺の薬師堂。
神武寺は神亀元(724)年、聖武天皇の勅願により行基が開創したといわれる古刹です。

堂の前には樹齢400年の「ホルトノキ」が聳えています。
神奈川の名木百選にもなっているこの大木は、ポルトガルからの移植樹ともいわれていますが、樹種が分からなかったので「神武寺のなんじゃもんじゃの木」と呼ばれているそう。

お参りをしたら、山頂目指して進むぞ~

~中編につづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA