タイタス・アンドロニカス☆

先週ですが、劇団山の手事情社『タイタス・アンドロニカス』を観に行きました。

大学の卒業公演、Steps最後の舞台と、ちょうど私の節目でお世話になっている不思議なご縁の浦弘毅さんがタイトルロールを務めていらっしゃいます☆

山の手事情社のストイックで斬新な演出は、いつも本当にカッコいい!

ギリシャ悲劇や歌舞伎などの古典作品を扱いながらも、山の手の様式的演技スタイル「四畳半」によって現代の物語として魅せてくれます。

今回はシェイクスピアの作品なのに、着物をアレンジしたスタイリッシュな衣装がとても印象的で、より身近に感じられました。

浦さんのタイタス、素敵でしたー!
お疲れ様でした☆

二本立て公演で、11/16(月)まで吉祥寺シアターにて『女殺油地獄』を上演中です。
山の手をご覧になったことがない方は、ぜひ一度体感していらしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA