ジャパンカップ2017☆

熱い夏が終わりました。

ジャパンカップ2017 マーチングバンド・バトントワリング全国大会
9/8(金)~10(日) 東京体育館メインアリーナ

年に一度のジャパンカップ。
この日のために訓練してきたパフォーマンスで日本一を競い合う、熱い大会です。

今年も司会を務めさせて頂きました。
この広い会場で、この素晴らしい大会でアナウンスが出来るのは、とても勉強になります。
責任重大だし大変なお仕事ですが、みんなで助け合い自分も試される、幸せな現場です

司会の先輩、大嶋奈緒美さんと倉持一裕さんには本っ当~にお世話になっております!
この3人での司会進行も今年で4年目。
チームワークで頑張りました

司会席は、アクティングエリアに最も近い、しかも正面の特等席。
目の前で繰り広げられる圧巻の演奏演技に、感動しっぱなしなのであります。
司会に集中しなければいけないのに、選手の皆さんの演奏演技が素晴らしすぎて、つい見入ってしまうこともしばしば。
競技であると同時に、最高のエンターテイメントです。

ひたむきに一生懸命に、こんなにも打ち込んでいる姿に感動しない訳がありません。
もう目頭が熱くなっちゃうよ~
でもうっかり拍手なんかしちゃうと次のアナウンスが遅れちゃうしね。
お仕事お仕事。
感動を抑えることに、心が疲れました。。。

真面目にお仕事。

確認確認。

感動の涙は、我慢我慢。

ゲストとしてミュージカル俳優の上野哲也さんが出演してくださいました。
前回の『ミス・サイゴン』クリス役、バッチリ拝見してますよ~
ジャパンカップでは選手の心に寄り添うような「Go The Distance」を歌ってくださり、上野さんの誠実なお人柄が伝わる素晴らしいパフォーマンスに、これまた感動

そしてこの大会にかける想いはきっと選手たちよりも熱い、ジャパンカップ組織委員会、運営スタッフの皆さまのお仕事っぷりにも脱帽です。

統括事務局長の笹山明博先生、お世話になりました!

バトントワリング最高顧問の高山アイコ先生。

副会長の大橋攝雄さん。いつもダンディーな笑顔が素敵
ちなみに最終日には、会長の石原伸晃衆議院議員もいらしてご挨拶を頂戴しました。

全ての進行を担う演出部長の須藤さん、本当にお疲れ様でした!

応援に駆けつけてくれた、歴代司会者の柳瀬亮輔さん。
緊張感MAXの現場の中で、Stepsメンバーのお顔を見ると和む~

同じくSteps、そして埼玉県大会司会の平塚美和子さん。
ワコさんは学生時代に世界チャンピオンをとったほどのバトントワラー。
バトンの世界とStepsを繫げてくださったのは、全てワコさんの手腕なのです。

たくさんの方々の想いが詰まったジャパンカップ。
毎年この大会に関わらせて頂けることに感謝です。
自分自身の反省点はたくさんありますが、司会として少しでもお役に立てていれば嬉しいな。
これからも精進します

司会チームで打ち上げ

終わった~~~

最高の3日間をありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA