うリアしまたろ王

劇団山の手事情社の新作「うリアしまたろ王」を観に行きました。

「リア王」と「浦島太郎」を掛け合わせた物語。
いや~凄かったです!!
まだ公演残ってますので詳しくは書けませんが、ホント凄かったです!!

山の手事情社さんは観る度に衝撃を与えてくれます。
今回も冒頭から、え、これがリア王?!というショック。
斬新な演出、洗練されているのにいい意味で泥臭い芝居、衣装や装置も細かなディテールまで見所満載で、最前列から食い入るように見つめてしまいました。

東京芸術劇場シアターウエストにて10/21(日)まで。
チケット残り少ないとは思いますが、絶対観たほうが良いですよ

安田先生、浦さん、玲奈ちゃんとご挨拶できて嬉しかったです。
会えなかった本さん、大西姉さんもお疲れ様でした

そして終演後のロビーにてまさかの倉持さんと再会

ちなみに昨年の公演「傾城反魂香」の(無駄に熱い想いを語ってしまった)観劇日記はコチラ↓
https://yaplog.jp/k-sweet-candy/archive/2467

さて本日のお着物は、パーカーと合わせてカジュアルに。
とても快適で、これからの季節に多用しそうな予感

電車で年配の女性に席をお譲りした時、着付けをお褒め頂きました。
着物世代の方に認めて頂けるのはとても嬉しい
半幅帯は、観劇なので座席に寄りかかりやすいようカルタ結び。

雨予報のため足元はショートブーツ。
帰り道にまんまと降られたので正解でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA