能と狂言

今週は祖父母孝行をば。

まずは父方の祖母の希望で、一緒にコチラへ参加しました。

体験型講習会「能と狂言の魅力」。
とっっっても勉強になったし、とっっっても面白かったです!
正直、祖母より私のほうが楽しんでいた(笑)

実は昔、狂言を習っておりましたの。
もちろん男社会ですから女性が能舞台に立つことはありませんが、習うことは出来るのです。

室町幕府の時代から650年以上続く、日本人の叡智と美意識が凝縮した古典芸能。
確かに様式は難しいかもしれませんが、物語は決して堅苦しくなく、人の心は今も昔も同じなんだなとホッコリするのであります。

細川幽斎公の残した「能楽十五徳」は、能に限らず演劇全般、いえ芸術全般に通じるものだなぁと改めて感じました。

また能や狂言を観に行こう

そして本日は母方の祖父母に会うため、山梨へ行って来ました。
グループホームに入っている祖父母は、もう私のことなんて分からないだろうなと思っていたのに、覚えていてくれて嬉しかったです。

二人が元気な頃は、マスターズ世界陸上に出場する祖父に付き添って一緒に海外を旅しました。
懐かしいなぁ。

久しぶりの再会を喜んでくれて本当に良かった。
長生きしてね

父方も母方も長寿の家系なので、全員90歳超え。
私も頑張って生きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA