チュイルリー公園

ルイ・ヴィトン美術館の後、コンコルド駅で母と別れて午後は一人。
何処へ行こうかな~?
ジヴェルニーのモネの庭が素晴らしかったから、オランジュリー美術館で睡蓮を見るか。
ゴッホのプロジェクションマッピングが凄かったから、オルセー美術館で本物を見るか。

でも今回の旅のテーマは「パリで初めてのことをする」です。
オランジュリーもオルセーも何度も行ってるし、モリゾ展はちょっと見たいけど、マルモッタンでモリゾいっぱい見てるしな~。

と悩んだ挙句、やっぱり「初めて」をすることにしました。

まずはチュイルリー公園の、移動遊園地
パリでは夏になると期間限定の移動遊園地がやって来ます。
コンコルド広場のクリスマス限定観覧車は乗ったことがありますが、夏の移動遊園地は初めて。

広いチュイルリー公園は、いつもの通り平和な眺め。
ルーヴルの西側に隣接する、ル・ノートル作の美しいフランス式庭園です。

奥の建物はオランジュリー美術館。

公園内のそこかしこに芸術作品が点在しています。

その一角に突如出現する、遊園地!

歴史的建造物と、芸術作品と、観覧車と、ジャンクなお店が混在していて何が何だか(笑)

移動遊園地ってもっと仮設的なものかと思っていましたが、かなり大掛かりでちゃんとしてる!

ゴリラのジェットコースターはずぶ濡れになって楽しそう

パリでは街中でもよくメリーゴーランドを見かけます。
駅前の広場とか、大通りの浮島とか、交差点のド真ん中とか。

一人なのでさすがに乗りませんでしたが(笑)、眺めるだけでもテンション上がって楽しかったです!
フランクフルトやアイスクリームの屋台、バーベキュー場までありました。
入場料はなく、気軽に立ち寄れるのも嬉しいですね

さて、まだ時間があるけど何をしようか。
チュイルリーのベンチでしばし地図を眺めます。

そうだ、モンマルトルで絵描きさんに似顔絵を描いてもらおう!
昨年はアルクールのキャビンでポートレートを撮影しました。今年は似顔絵だ!!

メトロに乗ってアベス駅へ。
アベス駅の螺旋階段は綺麗な絵が続くことで有名です。可愛い

うん、可愛いけど、階段長いな(笑)

えっさ、ほいさ
省略していますが絵はもっと沢山あって、結構疲れます。絵を見なくても良ければエレベーターへ。

やっと登りきると、アベス駅前の広場にもメリーゴーランド。
さて、ここからまたモンマルトルの丘を登らなければっ。

絵描きさんの集うテルトル広場へやって来ました。
大勢いる画家さんたちの絵をそれぞれじっくり見ながら、お気に入りの画家さんを探します。
実は先日、気になる人の目星をつけてあったので、その方にお願いすることにしました。

ちょっとドキドキしつつ拙い英語で画家さんに話しかけ、カラーかモノクロか、表情やお値段などの相談をします。
笑顔の素敵な画家のおじさまはとても優しく英語で対応してくれました。
私をパラソルの下に座らせ、暑いので小さな扇風機を私に当て、顔や体の角度を指示してくれます。

ちなみに私は道のほうを向き、画家さんは道を背にしているので、通行人はモデルと絵を見比べることができます。
30分程の描画中、人だかりが出来たり、観光客が写真を撮っていったり。
あ~~~早く絵を見たい~~~!

どうですか?!似てますよね!
素敵に描いてもらって嬉しい

描いている間は集中していた画家のおじさまと、終わった後に色々お喋りできたのも楽しかったです。
貴重な体験でしたし、いいお土産になりました。Merci~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA