ちぐさの草履展

念願の“ちぐさのおっちゃん”に会いに行ってきました!

 

着物好きの間では有名な“ちぐさのおっちゃん”は、ベテランの草履職人さん。
普段は大阪の船場センタービルにて「草履屋ちぐさ」を営んでいらっしゃいます。
おっちゃんの作る草履のあまりの履きやすさ、足にピッタリ鼻緒を合わせてくれる技術、そして布を持ち込めばオーダーメイドの草履が作れることで、全国にファンがいるのです。
愛と尊敬を込めて、誰もが“おっちゃん”と呼んでいます。

 

でもなかなか大阪まで草履を作りに行けない…
という訳で年に1~2回、おっちゃんが東京へ来てくれる機会を狙っていました。
今回は神保町の「大和屋履物店」にて3日間開催される《ちぐさの草履展》でおっちゃんに挿げて貰えるとのことで、予約してイソイソと出掛けました。

 

 

大和屋履物店さんは、主に下駄を扱うお店です。
先月リニューアルオープンしたばかりだそう。

 

引き出しにも可愛い下駄がたくさんあった!
下駄のリモート販売もやっているんですって。

 

鮮やかな手拭い♪︎
あと打ちっぱなしの壁がお洒落。

 

鼻緒が可愛すぎて、選ぶの迷う~!!

 

めちゃくちゃ履きやすいWOLKE (ボルケ)
クッション性が高く、台が波打っていて足裏にフィット☆
デパートなら50,000円以上するのに、ここでは15,000円!なぜならおっちゃんは卸問屋だから!
ボルケを買うつもりで来たので、最後まで悩みましたが~

 

最終的に私が選んだ台は、このNOU CLASSIC (ヌークラシック)
軽い!柔らかい!歩きやす~い!!
asicsのソールが使われていて、本当にスニーカーみたいな履き心地なんです。
いくらでも走れそう!草履の概念が覆りますマジで!!
モフモフの鼻緒も気になる…

 

実はオーダー用に生地を持参していたのですが、お店の商品がどれも可愛いので有り物を買うことにしました。
台と鼻緒を選んだら、いよいよおっちゃんに挿げて頂きます。

 

おっちゃんは明るく気さくな、とーーーってもいい人でした。
私の足をちょちょいと触って甲の厚みなどを確かめ「なるほどな~分かったで、ピッタリにしてやるで~」頼もしい○

 

そして出来上がった草履がこちら。
超可愛い~♡♡♡満足です!!
ちなみにお値段は台が13,000円、鼻緒が4,000円、しめて税込18,700円でございました。
決して安くはないけど品質を考えれば激安だし、擦り減りにくく雨にも強くて丈夫、足袋でも裸足でもOKなので一年中使える優れもの!
いっぱい履きます~♪︎

 

この日私が履いていたのは、長年愛用している豆千代モダンの草履。
鼻緒が緩んでいることに気づいたおっちゃんが「緩いんちゃうか~、歩きにくいやろ、すぐ直したるで~」と挿げ直してくださいましたー!
違うメーカーなのでダメ元でお願いしようと思っていたのですが、まさかのおっちゃんから声をかけてくださって感激(ToT)
行きと帰りで履き心地が全然違う!!
おっちゃん、ホンマおおきに~!!

 

お店の方々も常連さんたちもいい人ばかりで、とても楽しい時間を過ごしました。
一人で行ったのに、初めてお会いする皆さまとめちゃくちゃ喋りました。
着物好きという共通点ですぐに仲良くなれるのはとても素敵なことですね。
お互い「可愛い」を連呼しながら台と鼻緒の組み合わせを選ぶの楽しかった~♪︎
皆さまがお召しの着物もすごく粋で、眼福でした!
本当にありがとうございました!!

※おっちゃんやお店の写真は許可を得て撮影しています。

 

 

*本日のお着物*

 

祖母の単衣を借りました。
観劇の時は半幅にしているため、今日は久しぶりにお太鼓締めたよ。
ビビッドなピンクの帯締め&ピアスをアクセントに♪︎
バッグは母の手作りです。

 

おっちゃんが次に東京で展示即売会をするのは12月とのこと。
また行っちゃおうかな~
今度こそボルケ買っちゃおうかな~♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA