アートアクアリウム

金魚と芸術が融合する壮大な水族アート展覧会
ECO EDO日本橋 アートアクアリウム2019~江戸・金魚の涼~

毎年とても人気で、地下道に行列ができていますよね。
私も3年前に初めて見て感動しました。
今年は夜のイベントチケットを事前予約して、ゆったり見ることができましたよ

人気の巨大金魚鉢シリーズなど様々な作品が一同に会し、展示数、金魚数ともに過去最大規模だそうです。
綺麗~

蓮をモチーフとしたロータスリウム。
夏の季語でもある蓮は、厳しい環境の中で大きな花を咲かせてもたった4日で散ってしまうんですって。
美しくも切ない蓮と金魚の共演です。

大奥水槽は、多くの女性が美を競い合う豪華絢爛な世界とその儚げな生き様を、妖艶に泳ぐ金魚と重ね合わせているのだとか。

1000匹の金魚が泳ぐ世界最大規模の金魚鉢、花魁水槽。
七色に変化するライティングは、江戸の遊郭と花街の艶やかさを意味しています。

そしてアートアクアリウムの象徴として君臨する超花魁水槽。
伝説の花魁を表現した最高傑作です。なんかもう、すごい

多面体のプリズリウムは、光のマジックによりユニークな見え方が楽しめます。

リフレクトリウムは凹凸レンズや二重レンズを使った不思議な造形美が面白い。

お花と金魚

一番素敵だったのが、この天井金魚

美術館みたい

金魚のお風呂、ジャグジリウム。これはリラックスできるのかしらん

色んな金魚がいるんだなぁ

格子の中の金魚は、何だか張見世の遊女みたい。

たくさんのアーティストの方々の作品を楽しむことができました。

この素晴らしく美しい世界で、これからショーが始まります。
ワクワク

~「花魁ナイト」につづく~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA