ノートルダム大聖堂

大好きなノートルダム大聖堂が今どうなっているのか、この目で見たくてシテ島へ。
今年4月15日~16日にかけての火災は、記憶に新しいですよね。
特にあの尖塔が倒れていく映像は本当に衝撃的でした。

現在は広場が封鎖され遠巻きに見上げることしかできませんが、正面からのノートルダムはいつも通り。

でも横にまわると、その傷跡が生々しく感じられます。

美しい北の薔薇窓も塞がれていました。

ヴィオレ・ル・デュック作の今までの尖塔が完成したのは1864年、それ以前は長い間廃墟だったノートルダム。
マクロン大統領は新しいデザインを募集すると発表しましたが、一体どうなるのでしょうか…

以前、ノートルダムでミサに参加した時のブログです↓
https://kayoko-okamura.com/2018/02/06/ノートルダム/

こちらは最上階の回廊へ登った時のブログ↓
https://kayoko-okamura.com/2009/10/10/ノートルダム大聖堂その3☆/
https://kayoko-okamura.com/2009/10/10/ノートルダム大聖堂その4☆/
https://kayoko-okamura.com/2009/10/11/ノートルダム大聖堂その5☆/

 

さて、お隣のサン・ルイ島へアイスクリームを食べに行きます!
名店ベルティヨン Berthillon の、サロン・ド・テ

私は木苺のメルバ、母はフォンダンショコラ

メルバは爽やかなホイップクリームに、ピスタチオのトッピング、甘酸っぱいベリー、香ばしいチュイル、底にはバニラアイスとラズベリーシャーベット、たまらん~!!
フォンダンショコラは小さいのに濃厚すぎて食べきれず、半分持ち帰って夕食のデザートにしました(笑)

 

左岸へ渡り、サン・ミッシェル広場の大天使ミカエル様。

 

中世美術館(旧クリュニー博物館)、今回は入りませんでしたがとても面白いのでオススメです

 

名門ソルボンヌ大学。

 

パンテオンは、聖ジュヌビエーヴ教会として建設され、後にフランスの偉人たちを祀る霊廟となりました。
ヴィクトル・ユゴーとエミール・ゾラが同室に眠っていますよ

 

初めて訪れた、リュテス競技場
19世紀まで地中に埋もれていたローマ時代の闘技場跡です。

紀元1世紀に造られた円形闘技場は、17,000人を収容できる広さ。
観客席は一部しか残っていませんが、大きな闘技場は現在公園として開放されています。

あの出入り口から、ライオンとかが出てきて闘ったんだろうなぁ。
ローマのコロッセオとほぼ同時期の遺跡、確かに通じるものを感じます。
リュテチアとは、ローマ人に支配されていた頃のパリの名前だそう。

今でいうBOX席?

貴重な遺跡なのに、子どもたちが壁にサッカーボールぶつけていたり、おじさんたちがペタンクしたり(笑)
人々の憩いの場として生活に溶け込んでいるのがパリの良い所ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA